2016年10月28日

栗の渋皮煮

10月ももうすぐ終わりですね。
ここ、南カリフォルニアも秋の気配が漂ってきています。
日本のようにはいきませんがこちらでも秋の味覚のものが店頭に並んでいます。

私は栗だけは毎年かって栗の渋皮煮を作ります。

栗は鬼皮を渋皮を傷つけないように丁寧に剥ぎます。
栗を傷つけてしまうと、栗が煮崩れしてしまいます。

IMG_2264a.jpg


鬼皮を剥いだらたっぷりの水でごくごく弱火で煮ます。

IMG_2268.jpg


栗の灰汁がでてきます。

IMG_2271.jpg


灰汁がこんなに沢山でて、すごい色になってきました。

IMG_2272a.jpg


灰汁がでたら、茹でこぼしてまた水からごくごく弱火で煮ていきます。
この作業を灰汁が出なくなるまで、煮ても水が茶色くならなくなるまで何度も繰り返します。

最後に、味付け。
私はブラウンシュガーを使うので煮汁が茶色くなりました。
ここでも弱火で煮汁がトロリとするまで煮て味を絡めます。

IMG_2278.jpg


簡単な作業なのですが、時間がかかります。
時間をかけて丁寧に作った栗の渋皮煮はやはり絶品です。

IMG_2283.jpg





いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。



無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

ブログ再開します

なんということでしょう。
ブログを9か月もアップしていなかったとは。
昨年秋ごろから、色々なことがあってバタバタ生活していました。
もちろんブログを書く余裕もないくらい慌ただしかった生活。
やっと、落ち着き体も心もブログを再開できる余裕ができました。

これからまた少しづつ、色々な情報をアップしていきたいと思います。


IMG_1917a.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 08:18| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

薬事法(日本の)とアロマテラピー

風邪の季節になるといつも気になるアロマテラピーの精油の販売文句。
特に、ネット販売。

日本の薬事法ではアロマテラピーやメディカルハーブのような代替療法の物は医薬品ではないので効能効果をうたって販売してはいけないとなっています。

IMG_1237.jpg


にもかかわらず、薬事法を勉強していない業者が「風邪をひいたときに聞くアロマの精油」とかなんとか宣伝文句を並べて販売していることが多くみられます。
私は日本に住んでいた頃、アロマテラピーやメディカルハーブの商品をネットで販売する仕事をしていましたが、薬事法に触発しないよう宣伝文句の書き方に相当注意を払って書いていました。
その私の書いた表現をコピー&ペーストして丸ごと使っていた業者もいましたけど。
どうしてコピー&ペーストと分かったかというと、誤字までそのままだったからです。
ひどい話でしょ。

そうそう、何が言いたいかですが日本でアロマテラピーの精油や自作の化粧品を「これは○○に効果があるの」とか、化粧品を「私の作った化粧品なの」と言って販売するのは完全に薬事法違反になります。

化粧品の場合は化粧品として販売せずに、雑貨として販売すればよいのです。
せっけんも同じです。せっけんは化粧品と雑貨の分野に分かれますので販売したいけど化粧品販売のライセンスを持っていなければ雑貨として販売するなら一応大丈夫です。

アロマテラピーの精油も最近はネットワーク系の販売システムで売っている人がいますが、「○○に効く」と言って販売しては薬事法違反で罰せられますのでご注意を。

ちょっとつぶやきたくなってしまった独り言でした。


いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

ベトナムコーヒー

時々無性に飲みたくなるベトナムアイスコーヒー。
濃いコーヒーにコンデンスミルクを入れるだけだと思っていたのでフレンチローストコーヒーにコンデンスミルクを入れて作ってみた。
でも苦すぎてあの味がどうしても再現できない。
なんでだろう?

これは本場の人に聞くしかないと思い、思い立ったら即行動。
家から車で30分ほどのところにある全米最大のベトナム人街、「Little Saigon」にあるたまにベトナム食品を買うベトナムスーパーでベトナムコーヒー用のコーヒーメーカーを買いついでに店員さんに色々と教えてもらいました。

これがベトナムコーヒーメーカー。
お値段$3.99とお手頃価格でステンレス製。

IMG_1168.jpg


ベトナムコーヒー用のコーヒー豆があると教えてもらいベトナムアイスコーヒーにおすすめの豆を購入。
...ってこれ、知ってる。
ニューオーリンズのコーヒー豆とチコリのブレンドコーヒー。

IMG_1170.jpg


ベトナムアイスコーヒーは普通のフレンチローストコーヒー豆ではなくチコリ(正確にはチコリの根を乾燥焙煎したもの)とコーヒー豆をブレンドしたものを使うのだそうです。
チコリコーヒーはディカフェ(カフェインが含まれない)のミネラル豊富なコーヒー代替品。でも、コーヒーの風味がとても良いもの。
チコリが入っているから濃く入れても苦みがそんなに感じないのですって。

コーヒー豆にチコリが混ざっているのがわかるでしょうか?

IMG_1172.jpg


コーヒーメーカーの使い方も教えてもらいコンデンスミルクも購入。
早速作ってみます。
コーヒー豆を入れて

IMG_1174.jpg


もう一つのフィルターをしっかり締めて、お湯を少し注いで30秒ほど豆を蒸らします。

IMG_1175.jpg


次に、先ほどセットしたフィルターを少し緩めてお湯を注ぎます。

IMG_1177.jpg


ちゃんとふたをして蒸らすといい香りがするのだそうです。

IMG_1178.jpg


すっごく濃い!真っ黒です。苦そう〜。

IMG_1180.jpg


コンデンスミルクと合わせて完成。

IMG_1227.jpg


あんなに濃い色のコーヒーなのにコンデンスミルクがなくても見た目ほど苦くないのはやはりチコリがブレンドされているからでしょうか。
やっと、自宅で本格的ベトナムコーヒーが作れるようになりました。
うれしい〜!
親切に教えてくれた店員さん、どうもありがとう。


いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

Lighthouse掲載

僭越ながら私のブログをLighthouseというLAエリアで配布されている日本語無料雑誌の編集者さんが見つけて是非、年末大掃除特集の一部に掲載したいので取材をさせてくださいというお知らせをいただきました。

私はナチュラルクリーニングを実践してはいるものの、業者じゃないしそれで生活をしているわけでもなく本当に趣味でやっているだけなので一度お断りをしたのですが、最終的に取材に応じることになりました。

という訳で、こちら。

IMG_1167.jpg


ナチュラル洗剤の作り方でこひつじの姿、名前がばれてしまいました。
とっても恥ずかしいのですがいずれ分かってしまうことなのでお知らせします。

IMG_1165.jpg


実は雑誌に載るのは実に約30年ぶり。
昔はファッション誌だったのになー。

ご興味のあるかた、無料雑誌なので日系スーパーなどでピックアップしてみてくださいね。


いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

オレンジシュガースクラブ

先週作ったオレンジピール。
詳しくはこちら↓
http://mimisclife.seesaa.net/article/429760304.html

オレンジの皮はオレンジピールにし、もちろん中身は美味しくいただき
オレンジを茹でた際の茹でこぼし湯は電子レンジ掃除に使い、最後に残ったオレンジの表面を削った際の残りかす。
もちろん活用します。

IMG_1145.jpg


これを使ってオレンジシュガースクラブを作ります。

材料はグラニュー糖、オレンジ削りかす、オイル、オプションで精油。

IMG_1143.jpg


使用するオイルは酸化しにくいものであればどのキャリアオイルでも良いです。
最初、ココナッツオイルを使用しようかと思いましたがココナッツの香りがオレンジの香りを打ち消してしまってはと思い、今回はアプリコットカーネルオイルを使いました。
アプリコットカーネルオイルはアプリコットの種を圧搾して作られたオイルでオレイン酸、ビタミン類が多く含まれている栄養価の高いもの。
アロマテラピーではよく使われます。
このオイルは肌成分に近い組成なのでマッサージ時に滑りやすく、乾燥、老化肌におすすめのオイルです。

グラニュー糖とオレンジ削りかすをよく混ぜ合わせたらオイルを加えてオイルが均一に混ざるようにします。

IMG_1152.jpg


最後に精油をオプションで加えます。
精油を加えなくてもオレンジの皮からの爽やかな香りが漂います。

IMG_1155.jpg


オレンジの皮の成分は血液循環促進作用と消炎作用があるのでくすんだ肌を活性化する働きがあるといわれています。
フェイシャルにも、ボディにも使えるシュガースクラブ、保存容器に入れたら完成です。

IMG_1162.jpg







いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

デコレーションペーパー

アメリカ東部に一時期住んでいた頃にちょっとだけかじったキルティング。
その影響か、いまだに気に入った柄物の生地を見つけると使う目的もないのについつい買ってしまいます。

DSCN2425.jpg


この柄物の生地みたいなデコレーションペーパーがあったらいいのにと思って作ってみました。

DSCN2424.jpg


作ってみましたなんて偉そうに言ってしまいましたが、カラーコピーしただけです。
生地をコピーするのでどうしても端にしわが寄ってしまいますがきれいに取れた部分だけ使います。
ローズのバスソルトの包装に使ってみました。

DSCN2428.jpg


スクラップブックや手作りカードにも使えそう。
ただ、気になる問題が一つ。
生地のデザインをした人がこの柄の著作権のようなものを持っているはずなので使う場合はその点を気を付けた方がいいかも知れませんね。




いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

電子レンジの掃除

前回紹介したオレンジピール作り。
私はオレンジピールを作った後は必ず電子レンジの掃除をします。
というのはオレンジピールを作る際にオレンジ皮を最初に茹でた際に出た茹でこぼしのお湯を再利用するから。
このお湯、実はオレンジの良い香りがほんのり香って更にオレンジ皮に含まれているリモネンという成分も若干入っているものなのです。
このリモネン、アロマテラピーを学んだ人は知っている成分の一つで芳香作用だけではなく油汚れにも有効なのです。

IMG_1096.jpg


このいい成分が含まれたお湯を捨ててしまうのは勿体ないので電子レンジの掃除に活用しています。

茹でこぼし直後の熱湯ですが、もし冷めてしまって湯気が出ていなかったら湯気が出る程度まで電子レンジで加熱します。

IMG_1109.jpg


湯気が出たらボウルこと電子レンジに入れたまましばらく放置します。
湯気が電子レンジ庫内に広がり、水滴が付く位まで置いておきます。
オレンジの香りのするお湯なので電子レンジ特有のこもった匂いは消えてしまいます。
この湯気からの水分が電子レンジ内でこびりついてしまった食べ物かすを柔らかくしてくれます。

IMG_1129.jpg


こびりついている食べかすは湯気で柔らかくなったころを見計らって濡れ布巾でふき取ります。
水分が含まれて柔らかくなったため、簡単に取り除くことができます。
定期的に掃除をしている電子レンジならこれだけで綺麗になるのですが、我が家のようにしばらく掃除を怠けていると食べかす以外に油汚れもこびりついてしまいます。

IMG_1131.jpg


オレンジパワーだけでは取り除けない油汚れは重曹スプレーを吹きかけて濡れ布巾でふき取るだけで綺麗に汚れが取れます。

IMG_1132.jpg


私はオレンジの茹でこぼし残り湯を使いましたが、ボウルに熱湯を入れたものや熱湯の中に重曹を加えたものでも同じ作用があります。

年末年始に向けてのお掃除に是非、試してみてくださいね。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナチュラルクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

オレンジーピール

今年も友人宅のお庭で実った無農薬のオレンジをいただきました。

IMG_1066.jpg


無農薬の大きなきれいなオレンジ。
中身を食べるだけじゃ勿体ないと思い、去年はオレンジの皮をオレンジピールにしたらとっても美味しかったので今年も中身だけじゃなくきれいな皮も頂く事にします。

無農薬といっても汚れはつきもの。
炭酸タブレットを使って表面をしっかり洗います。

IMG_1067.jpg


よく洗ったらオレンジの皮の表面をナイフでこそげ取ります。
表面をこそげ取ることで苦みを取り除き、味が染み込みやすくするためです。

IMG_1086.jpg


皮を剥いて水から煮て沸騰したら茹でこぼします。
この作業を2回行います。

IMG_1093.jpg


茹でこぼし後、粗熱が取れたら内側の白い皮を丁寧に取り除きます。
ここで丁寧に取り除くと仕上がりがきれいになります。

IMG_1099.jpg


食べやすいサイズに切りそろえたら、砂糖で味付け。
味がしっかり染み込むまで煮込み、最後に水分を飛ばします。

IMG_1106.jpg


水分が取れたら網に乗せて半日から1日乾燥させます。

IMG_1123.jpg


乾燥させた後はグラニュー糖をまぶします。

IMG_1135.jpg


好みでダークチョコレートをコーティングしてオランジェットも作りました。

IMG_1138.jpg


毎年Thanksgiving前の恒例行事になりつつあるオレンジピールつくり。
無農薬のオレンジが手に入ったら作ってみませんか?
とっても美味しいですよ。


いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

しその実佃煮

9月からのバタバタ忙しい日々がなんとか落ち着いてきました。
ずっと放置していた梅干し用に育てた赤しそはいつの間にか葉の色が赤から赤緑色に変色し、しその実が沢山なっていました。

IMG_0957.jpg


去年は青しその実は塩漬けにしたので今年は佃煮にしてみました。
といっても家庭菜園なので大量には作れず、1−2食分位しか作れませんでしたが。

IMG_0960.jpg


しその実をよく洗って枝から外します。
砂糖、醤油、みりん、日本酒でつくった佃煮の味付けの調味料と一緒に鍋に入れて何となく火が通って味が絡まる程度に煮ます。

IMG_0962.jpg


出来上がったのはほんの少し。
でもしその風味とプチプチ感が美味しい佃煮ができました。

IMG_0965.jpg


残った煮汁はしその風味が移っていて美味しいかったのでこの煮汁にちりめんじゃこを入れてちりめんじゃこしそ風味佃煮も作ってしまいました。
これもまた、美味しいです。

IMG_0970.jpg

あー、ほかほかご飯と一緒に食べると美味しい〜。
ご飯の進む美味しい佃煮。馬肥ゆる秋がちょっと危険です。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。