2013年02月26日

ハンガリアンウォーター3

約2週間前に漬け込んだハンガリアンウォーターのチンキ剤
漬け込んだ時は無色透明なアルコールが2週間たってどんな感じになったのでしょう?

まずは、ハーブ類を濾して液体だけを取り出します。

P1010357.jpg


ハーブを取り除いた、無色透明だったアルコールが
ハーブのエキスを含んで、こんな色になりました。

P1010358.jpg


見るからに、苦そう?怪しい?

さらに、ペーパータオルを2重にして濾過します。

P1010359.jpg


濾過したチンキ剤にグリセリンを入れ、精製水か芳香蒸留水で薄めます。
私はオレンジの芳香蒸留水を使いました。

左から、作ったチンキ剤、オレンジウォーター(芳香蒸留水)、グリセリン、スプレーボトル
手前が、チンキ剤を薄めた、ハンガリアンウォーターです。

P1010360.jpg


グリセリンとオレンジウォーターが良く混ざるようにかき混ぜて、
オプショナルでGSEを入れます。
GSEとは、グレープフルーツシードエキストラクト。
グレープフルーツの種子からとれた、天然の防腐剤です。

出来上がったハンガリアンウォーターをスプレーボトルに入れて
化粧水として使います。

さて、効果のほどは・・・?
使い心地はオレンジウォーターのネロリの香りがほんのりして
あの、凄く苦そうな茶色からは想像できない優しい香りが心地よいです。

いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

男せっけん 型だし

先週作った、男せっけんの型だし。

型だしは、楽しみ半分、失敗の可能性も半分なので慎重にしないといけません。

今週は何かと慌ただしかったので、型だしまで一週間近くも放置してしまいました。
にもかかわらず、柔らかい・・・
竹炭パウダーをいれると毎回、せっけんがなかなか固まらない。

今回も、柔らかい上、せっけん用の型ではなく、ちょっと出しにくい
半端な硬さの豆腐の型。
型だしにかなり苦労してしまいました。

一応、出してみました。

P1010325.jpg


豆腐の型のせいか、ちょっと表面が残念。
男の文字も、はっきりくっきり出ていない様な…

小さいせっけんはまだ型だしには柔らかかったので、数日後に出す事にし、
今日の作業はおしまい。

昨日、お花の配達の際にみかけた「桜のような木」
桜色ではなく、白い花でした。
アーモンドの花に似ているけど、なんと言う木なのかな?
ちょっと葉が出てしまっているけれど、桜みたいできれいでした。

P1010311.jpg


そして同じく配達先のオフィスの中庭。
竹が日本を思い出させるような、いい空間でした。

P1010316.jpg


いつもありがとうございます。
ポチっとお願いします。↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ハンドメイドソープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

バレンタインに花を贈る

フラワーアレンジメントを学ばせてもらっている花屋さんで
バレンタインの時期に限り、こひつじはお手伝い。

クリスマスよりも、母の日よりも一年で一番、花屋さんが忙しいのが
バレンタインデーだそうです。

日本のバレンタインは女性が男性にチョコレートを贈るのが一般的ですが、
アメリカはちょっと違います。
子供達は学校でクラスメイト全員や先生に感謝の気持ちを表したり、
職場では同僚や上司に簡単なギフトを渡したり。
女性から男性へではなく、「いつもありがとう」的な感じで女性に限らず、
男性もプレゼントします。

そして、花屋さんでは電話やネットでの注文もありますが、
実際に店に訪れて注文するお客さんのほとんどが男性。
皆さん、楽しそうに、嬉しそうに注文します。
奥さんに、ガールフレンドに、お母さんに、お祖母さんに・・・・
特に男性は赤いバラを選びます。

P1010303.jpg


このバラの価格、年間でバレンタインの時期が一番高くなります。
今年は卸値が昨年の40%も上がりましたが、花屋さんでは20%の値上げしかしないそうです。
というのは、小売価格での購入者はバレンタインだから儲けようと値上げして・・・と
思うらしく、卸値が高騰しているのを知らないため、花屋で値段を抑えざるを得ないとか。

バラ以外にも、色々なアレンジを見る機会があってとても楽しいです。
トロピカルなこんな感じも面白いです。

P1010290.jpg


こんな感じも。

P1010297.jpg


このアレンジを配達した際、職場に届けて受け取った方は
"Is this for me?  Wow!  It's for me!  It's for me!"と
小躍りして、職場の仲間に見せて大喜びでした。
私も、嬉しくなりました。

P1010309.jpg


人に喜んでもらえる仕事って素敵だな〜♡
お花を受け取って怒る人を見たことないし、多くの人は笑顔で受け取ってくれるもの。

P1010295.jpg


因みに、こひつじ人生最初のお花の配達先は葬儀場でした・・・
葬儀場の方が棺桶の側において下さいと言ったので、棺桶の側まで持って行きました。

P1010306.jpg


楽しい時も、お祝い事も、感謝の時もそして人生を終わる時も、花なのですね。
花の世界って、ハーブ、アロマ、レメディ、アレンジメントもありで奥が深くて面白いです。


いつもありがとうございます。
ポチッとおねがいします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーアレンジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

ハンガリアンウォーター2

先月作ったハンガリアンウォーター。
そろそろ、出来上がったと思い濾してみると・・・
やっぱり、アルコール臭が強い。しかも臭い。

前回、作りながらこのアルコールなにか好きじゃないと思った時点で
気付けばよかったものを、嫌な予感をそのままにしておいた私。

結局、「ダメだ〜これ、使えない」
もったいないけど、仕方なくお別れ。
掃除に使おうっと。

日本だったらこんな失敗は起らないのに。

何が起こったと言うと、アルコールが違うという事。
薬局で当たり前のように売っていて、当たり前のように買ったアルコールが
エタノールではなくて、イソプロパノールだったという事。
エタノールより、イソプロパノールの方が安価だからね。

消毒用、Rubbing Alcoholとして使うのならまだしも、
顔につけるものに、イソプロパノールは使いたくない!

何軒も薬局に足を運んで探しても、エタノールが売っていない。
どこに行ってもイソプロパノールばっかり。

仕方がないので、気を取り直して作りなおし。

今回はレシピを変えて、アルコール飲料を使う事にしました。
アルコール飲料=蒸留酒です。

ドライハーブを計量して、

P1010286.jpg


ビンに詰めます。

P1010287.jpg


美味しそうな、いえ、違います。飲んではいけない・・・
アルコールを注ぎます。今回はアルコール度数が35度なので
ミネラルウォーターは使いません。

P1010288.jpg


ふたをして、シャカシャカ振ります。

P1010289.jpg


この状態で1〜2週間ハーブのエキスをアルコールに抽出します。

やっぱりいつもの作り方にすればよかった。
今月中には出来上がるので、楽しみです。



いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 14:14| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

今年初のせっけん作り

今年初めてのせっけん作り。

本日のテーマは「男せっけん」作りです。
何が「男せっけん」なのか?は型出ししてからのお楽しみ。

道具と材料を用意します。

P1010273.jpg


それぞれのオイルを計量し、水酸化ナトリウム(NaOH)と精製水を混ぜます。
この際、水酸化ナトリウムは強アルカリなので皮膚に触れると火傷してしまいますので慎重に。
そして水を加える際、化学反応が起り、水酸化ナトリウムからガスが出るので、
吸わない様に注意。
一気に温度が上昇します。

P1010276.jpg


水酸化ナトリウム水の温度が下がるのを待つ間、オイルを湯煎にかけて温めます。

P1010278.jpg


水酸化ナトリウム水とオイルの温度が混ぜるのに良い温度になったら、
オイルに水酸化ナトリウム水を入れます。

P1010279.jpg


ただひたすら混ぜる、混ぜる、混ぜる・・・シャカシャカシャカ・・・
20分程混ぜたら、こんな感じになります。
カスタードクリームみたい・・・でも食べたら大変な事になります。

P1010283.jpg


この後、トレースが出るまで数時間待ちます。
トレースが出た際の写真を取り損ねてしまいました(+_+)

トレースが出たら、竹炭パウダーと精油を入れます。
今日はさっぱりスッキリ「男せっけん」なので爽やかなペパーミントを使いました。
真っ黒です。

P1010284.jpg


そして型に入れます。
今日の型は「男前豆腐」の容器。
この容器が欲しいがために、ここ数日は豆腐三昧。
大豆イソフラボンをかなり摂取したのでホルモンのバランスはどうなったのでしょう?

P1010285.jpg


このまま、保温箱に入れて数日後、型出しです。
きれいに「男」の文字が出ますように♡



いつもありがとうございます。
ポチっとお願いします。↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイドソープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

風邪に負けないチンキ剤

ここのところ、私の周りでも風邪やインフルエンザが流行っているようです。

もともと乾燥気味のこのエリアに暖房を使ったりしているので
家の中の湿度はかなり低くなってしまいます。
日本から持ってきた加湿器もフル稼働なのに乾燥に負けている感じ。

私は体調を崩すとすぐに喉がイガイガしてしまうので気をつけても
乾燥には負けてしまい、ここ数日は喉の具合もいま一つ。

風邪をひかないために、風邪対策のチンキ剤を作りました。

作り方と材料はシンプル。
風邪に有効そうなハーブティーとアルコールとビンだけ。

今回は風邪に負けない3種類のハーブを使いました。

P1010268.jpg


エキナセア
 風邪やインフルエンザなど、ウイルスや細菌に対する体の免疫力を高める効果があります。
 きく科の多年草で紫色の花をつけます。
 北米のネイティブインディアンが風邪などの予防に使ってきたハーブです。
 また、その根に、免疫機能を高める成分を含み、最新の研究で、
 抗ウイルス性,抗菌性,免疫強化性などが実証されています。

セントジョ-ンズワート(西洋オトギリソウ)
 聖ヨハネ(St. Johne)の日(6月24日)の頃までに花が咲き、
 伝統的にその日に収穫されたために この名前が付けられました。
 一般的にうつの改善に使われますが、消炎作用、去痰作用、抗ウイルス作用、
 消毒作用、鎮静作用 があるとされています。

ローズヒップ
 美容業界でも有名なビタミンCの爆弾といわれる程ビタミンCが豊富です。
 ビタミンCの含有量はレモンの20倍もあります。更に熱に弱いビタミンCですが、
 このローズヒップのビタミンCはビタミンPによって保護されているため
 加熱しても壊れにくい性質があります。
 
これらのハーブティーをティーバックごと煮沸消毒したビンに入れます。
そしてアルコールを注いで(お酒35度以上のアルコール)

P1010270.jpg


蓋をしてビンごと振ります。
振ったらハーブの色が出てきました。

P1010271.jpg


約一週間ほどこの状態でハーブのエキスをアルコールに抽出します。

チンキが出来るまでに風邪をひかない様に気をつけなくちゃ。


 
いつもありがとうございます。
ポチッとおねがいします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 和・西洋ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

ハイスタイルアレンジメント

今日のフラワーアレンジメントはハイスタイル。

トロピカルフラワーのアンスリウムと竹、バラ、フォックステールの組み合わせ。
最初にコンテナに竹をくっつけます。
それからオアシスの中心後方に竹を配置。
バラ、アンスリウム、フォックステールそしてグリーンの順にアレンジします。

P1010269.jpg


花の数が少ないので簡単そうに思えますが、バランスのとり方が難しい。
アンスリウムが簡単そうでこれがまた厄介。
花の表情が角度でちがう。
フォックステールもまっすぐになりそうでならない。
ちなみにアンスリウムってバラよりお値段が高い。

このアレンジ、竹があるせいか、なんとなくアジア風。
フォックステールを松に、バラをツバキかサザンカ、アンスリウムを梅かなにかに
したらお正月用のお花になりそう・・・





いつもありがとうございます。
ポチッとおねがいします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フラワーアレンジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

節分の豆

ふと気付いたら、もう2月。
明日は節分。
節分の豆を買っていなかったので、日系スーパーに買いに行ったのですが
残念ながら既に売り切れ…
とほほ(T_T)です。

売っていないなら、節分の豆まきを中止?
まさかまさか。
鬼に来られては大変なので、豆まきだけは忘れずにやっているこひつじ。
売り切れならば仕方ない。
久しぶりに「煎り大豆」作りますか…

大豆をさっと洗って、熱湯に2時間ほどつけておきます。
これはお湯につける前の洗った大豆。

P1010266.jpg


約2時間後、水分を含んでこんなにふっくらしてきます。

P1010260.jpg


水気を切って、フライパンで空煎りします。

P1010261.jpg


しばらく煎ると、こんな感じ。

P1010264.jpg


あとは、自然に冷やして水分を飛ばして出来上がり。

P1010262.jpg


つまみ食いしたら、明日の豆まき分が少なくなっちゃうので、我慢、我慢。


いつもありがとうございます。
ポチッとおねがいします。↓

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

ハーブビネガーとハーブオイル

半月ほど前に仕込んでおいたハーブビネガーとハーブオイルができました。

P1010252.jpg


ホワイトバルサミコ酢に好みのハーブを入れて
ハーブビネガーを作ります。

今回はイタリア料理に使うハーブを入れてイタリア風にしてみました。
オイルもオリーブ油にイタリア料理系のハーブを入れて
イタリア風オリーブオイル。

オイルはパスタや、肉、魚料理にイタリア風の味付けに
そのままでも、炒める時にも使えます。

ハーブビネガーはドレッシングやマリネに使うと
ホワイトバルサミコ酢の風味にハーブの香りと味付けが
ほんのりついて簡単にイタリア風のドレッシングが作れます。

無色透明なホワイトバルサミコ酢は
ハーブのエキスが溶け込んで、うっすらとベージュ色になりました。
オリーブ油もハーブの緑色が溶け込んで更に濃いグリーンに。

P1010253.jpg


自分の好みで作るので、バジルやタイムの香りを強くしたり、
ガーリックを控えめになど調整が出来るのが市販のものと異なって
オリジナルブレンドで楽しく美味しく作れます。





いつもありがとうございます。
ポチッとおねがいします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 和・西洋ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。