2014年10月29日

ワインボトルのリサイクル

ワインボトルやきれいな色のガラスのボトルを見るたびに
何とか活用できないかなと思います。

10年ほど前にワインボトルを焼いて(Glass Fusing)
フラットな形にしておつまみを乗せるお皿を作った事がありました。
全て人の手に渡ってしまったのでお見せできないのが残念です。

今はGlass Fusingをする環境が身近にないのでそれ以外で何か作ってみたい。

いろいろ考えているうちにワインボトルを切ってみたくなってしまいました。

友人の協力を得てワインボトルを何本か確保。
早速、切ります。

ステンドグラスやグラスフュージングで使うグラスカッターで
ワインボトルに切れ目を入れます。
見えるかな?
白っぽい筋がカッターで入れた切れ目です。

DSCN2507.jpg


この切れ目の部分に熱湯をかけすぐに水道水で冷やします。
この作業を2回ほどすると、グラスカッターで切れ目を入れた部分に亀裂が入って
綺麗にパキッと割れます。

DSCN2510.jpg


いい感じで割れました。
切り口が鋭利なのでステンドグラス用のグラスグラインダーで切り口を滑らかにします。

さて、何を作るかは次回のお楽しみ。



いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

精油を使わずに作るオレンジルームスプレー

精油を使わなくても
いい香りのルームスプレーが作れるのはご存知でしょうか?

オレンジ、ペパーミント、ユーカリなど
良い香りのする材料さえあれば簡単にルームスプレーを作ることが出来ます。

今回は無水エタノールまたはウォッカとオレンジを使って
オレンジのルームスプレーを作ります。

<材料>
無水エタノールまたはウォッカ 適量
フレッシュオレンジの皮(できれば無農薬/Organic) 適量
保存用ガラス瓶

DSCN2492.jpg


よく洗って水気をふいたオレンジの皮を
保存用ガラス瓶に入れ、無水エタノールまたはウォッカを
ヒタヒタまで流しいれます。

いつものように無水エタノールを入手することが出来ないので
ウォッカで代用します。
私はアメリカの薬局で購入できるイソプロパノールは掃除用には使用しますが
ルームスプレーには使いません。

まだ、アルコール分が透明です。
これが2日後くらいにはオレンジの皮から染み出た成分で
オレンジ色に変わりますよ。

DSCN2494.jpg


1日1回はビンごと振って約3〜5日ほど漬け込みます。
漬け込んだばかりは透明だったアルコール分が
オレンジの成分でオレンジ色になりました。

DSCN2497.jpg


オレンジの皮を取り出してスプレーボトルに入れ替えたら出来上がりです。
ウォッカなのでオレンジ風味のウォッカとして飲むことも出来ますし
スプレーしてオレンジの香りのルームスプレーにもなります。

オレンジの皮に含まれるリモネンという成分は
油汚れも落とします。
台所やガスレンジ周り、電子レンジ内の掃除にも使える便利ものです。

オレンジの代わりにレモンやライム、シナモンスティック、
ラベンダー、ミントやユーカリの葉などを同じ方法で漬け込むと
色々な香りを楽しむことが出来ますよ。 
色々と混ぜてブレンドすることも出来ます。



いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

抹茶パック

南カリフォルニアもやっと秋らしい気候になってきました。
まだ、サマータイムなので日の出が日に日に遅くなり
毎朝まだ暗い時間に起きるのが物悲しく感じる私です。

秋は夏の間に紫外線を浴びたお肌のお手入れにも良い季節です。
私も夏の日差しで黒ずんでしまったお肌のお手入れを真面目に
やろうと思い、くすんだお肌を明るくする「抹茶パック」を作りました。

抹茶には抗炎症作用、収れん作用、メラニン生成抑制作用、抗酸化作用があります。
ビタミンCも多く含まれているので美白作用があります。
シミ、そばかす対策にもお勧めです。

この抹茶にモンモリオナイトという天然クレイを使います。
モンモリオナイトは吸着力に優れ、肌をスベスベにする作用があります。

<材料>
モンモリオナイト 大さじ2
抹茶   小さじ1

DSCN2482.jpg


小鉢や小さめのボウルなどに材料を合わせます。
私は乳鉢を使用しました。

DSCN2483.jpg


よく混ぜ合わせたら芳香蒸留水(フローラルウォーター)か水を加えて練ります。
水の量はお好みで。
練りながら水を加えてます。

DSCN2485.jpg


肌全体に薄く延ばしてパックがうっすら乾いたら
水で洗い流します。

DSCN2486.jpg


モンモリオナイトがない場合はプレーンヨーグルトや
小麦粉などを代用することもできます。
その場合、分量も同じ割合です。

最低でも週2回、ひと月ほどやっていると肌のトーンが明るくなりますよ。
お試しくださいね。


いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

栗のパウンドケーキ

栗の渋皮煮を作った際に煮崩れした栗を使って
栗のペーストを作りました。
栗の甘みがとにかく美味しい!

<作り方>
鬼皮、渋皮をむいて茹でた栗 約200g
砂糖  100g

鍋に材料を入れて砂糖が溶けるまで煮詰めて出来上がり。

DSCN2460.jpg


この栗ペーストを使って栗のパウンドケーキを焼きます。

<材料>18pの型 2個分

バター(アメリカサイズ2本) 約228g
小麦粉       168g
アーモンドパウダー 60g 
砂糖        200g
メープルシロップ  20g
卵 4個      228g位
栗のペースト    150g 

DSCN2457.jpg


ベーキングパウダーを使わないパウンドケーキの材料の黄金比は
バター:粉:砂糖:卵=1:1:1:1
バター2本のサイズに合わせてこの分量になりました。
砂糖は栗ペーストの甘みがあるので少し控えめに。

バターを室温で戻してからクリーム状になるまで良く練ったら
砂糖を加え更に白っぽくなるまで練ります。

卵を1つづつ加えて更に混ぜます。

アーモンドパウダーを加え、さらに混ぜ
良く混ざったら栗のペーストを加えてまぜます。

最後にふるいにかけていおいた小麦粉をいれ、さっくり混ぜるとタネの出来上がり。

DSCN2473.jpg


型に入れて150℃のオーブンで約1時間焼きます。

DSCN2474.jpg


焼き上がり。

DSCN2477.jpg


最近、気に入っている Stumtown Coffeeを Chemexで入れて

P1020736.jpg


お気に入りのソーサー&ディッシュと共にホッと一息。
これが私の小さなしあわせ♡

DSCN2479.jpg



いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。



mytaste.jp

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

あずきカイロとフラックスシードのネックピロー

寒くなると便利なのが小豆のカイロ
電子レンジで温めて何度でも使えます。

特に小豆のネックピローは寒い時だけでなく
首や肩が凝っている時に首回りを温める時にも愛用しています。
(小豆カイロについてはこちら http://mimisclife.seesaa.net/article/314423853.html

DSCN2480.jpg


使いすぎて今まで使っていたカイロがくたびれてきたので
改良を加えて使いやすく作り直します。

今回は小豆のネックピローとフラックスシード(亜麻の実)のネックピローの
2種類を作ります。

前回は小豆を縦に仕切ったポケットに詰めましたが
今回は横に仕切って詰めてみます。
首に直接触れる部分は温かいフランネルにしました。

DSCN2481.jpg


フラックスシード、和名:亜麻の実は
常温ではひんやり気持ちいい冷却感があるので
冷たいアイピローの素材によく使われます。
フラックスシードのアイピローについてはこちら
http://mimisclife.seesaa.net/auth/article_preview/

このフラックスシード、アメリカでは Hot and cold padとして使われます。
冷たくしても温めてもどちらでも有効な優れものです。

フラックスシードは電子レンジで温めるときは
500Wの場合は約30秒位加熱します。
小豆は500W の場合は30〜40秒位加熱して温めます。
600W以上の出力で加熱すると焦げてしまいます。

DSCN2167.jpg


ピンクの生地にはフラックスシード、赤い生地に小豆を詰めました。

詰め物の重さで紐やボタンを付けなくても首に程よく巻き付きます。
使い比べると、小豆カイロの方が粒が大きい分保温力は若干フラックスシードより持続しますが
フラックスシードの方が小豆より粒も小さく、軽いので首や肩への負担は軽いです。
私はフラックスシードの方が使い心地は好きです。

DSCN2489.jpg


以前作ったアイピローと同じ生地を使ったので
フラックスシードのネックピローとアイピローのセットが
出来ました。
このアイピローも電子レンジで温めて温かアイピローとして使えます。

DSCN2490.jpg





いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 和・西洋ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

青紫蘇の実 塩漬け

10月中旬にもなれば日本より暖かい南カリフォルニアとは言え
夏の植物たちとはそろそろお別れの季節になってしまいます。

夏の間、とても重宝した青紫蘇もだんだんやせ細り、葉も寂しいものになり
残すは穂紫蘇だけになってしまいました。

最後に残った穂紫蘇を塩漬けにします。

<材料>
穂紫蘇 (実だけ) 約 20g
粗塩 (紫蘇の実に対して約10%) 2g

P1020742.jpg


穂紫蘇は枝から実をはずして洗ってから水気をしっかり取り除きます。

保存容器に紫蘇の実を入れて粗塩をまぶします。

P1020747.jpg


塩が全体になじむ4〜5日後くらいから食べることが出来ます。
ホカホカご飯やおにぎりの具材に使うと美味しいですよ。

DSCN2439.jpg



いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。


mytaste.jp

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 16:21| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

ネロリのパフューム

ウォッカベースのパフューム。
優雅な香りのネロリをベースにブレンドしたものを作ります。

アメリカでは無水エタノールの入手が困難なのでエタノールの代わりに
ウォッカで代用します。
消毒用のイソプロピルアルコールは私は使いません。

DSCN2447.jpg


<材料>
ウォッカ 5ml
ネロリ 10滴
ベルガモット(できればベルガプテンフリー) 5滴
ラベンダー 1滴
スイートオレンジ2滴

ベルガモット精油はベルガプテンフリーの物を使います。
柑橘類に含まれるフロクマリン類は光毒性をもっているため、
精油が紫外線に反応すると光感作を起こし、アレルギー反応が起こる場合があります。
肌に直接つけ、紫外線に当たる可能性がある場合はフロクマリン系物質を含む
柑橘系の精油は避けます。
ベルガモットやレモン精油等は光毒性成分を取り除いたケモタイプと言われる
ベルガプテンフリー精油を使うと光毒性を気にせずに使用できます。

ベルガプテンフリー精油はラベルに下記のように記載されています。

DSCN2445.jpg


ウォッカに精油を1種類づつ加えてよく混ぜます。
スイートオレンジの精油の色で透明なウォッカが黄色くなりました。

DSCN2448.jpg


小瓶に入れ替えて出来上がり。
優雅なネロリの香りと柑橘系のさわやかな香りにシャープな
ラベンダーの香りが甘すぎず、柔らかな香りがします。

DSCN2449.jpg




いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

あさりの佃煮

新米の美味しい季節になりました。

美味しいホカホカご飯に「あさりの佃煮」をのせて食べたい。
でも、ここはカリフォルニア。

日系マーケットまで行かないと「佃煮」は買えないし、
しかも、自分の好みの味の佃煮があるとは限らない。

以前、買ったものは見た目も真っ黒で
あり得ない位しょっぱくてガッカリでした。

満足するためにはやっぱり、作るしかないかな。

簡単に作りたいので塩抜きや殻から出す手間を省くために
あえて、冷凍むき身を使います。

<材料>
あさりむき身 約250g
日本酒     50CC
醤油     大さじ3
みりん    大さじ6
Blue Agave Syrup 大さじ1
針生姜 2かけ


@冷凍あさりの場合は凍ったまま、ザルに入れてぬるま湯をはったボウルにくぐらせて解凍します。

P1020697.jpg


A鍋にすべての調味料を入れ煮立ったら、あさりと生姜を入れます。

P1020700.jpg


B中火にかけ、煮立ったら弱火にして約10分煮て出来上がり。

P1020701.jpg


私は薄味が好きなので醤油は少なめです。
煮る時間もレシピによっては煮詰めて水分がなくなるまで味をなじませるというのも
ありますが、私の作り方は煮る時間も短いので調味料も煮詰める必要がないように
少なめにしています。
砂糖をあまり使いたくないのでBlue Agave Syrup を使いました。

P1020703.jpg


ホカホカごはんと「あさりの佃煮」と
味噌汁とお漬物があれば大満足。
和食はいいね〜。



いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。


mytaste.jp

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

Something smells so good.

"Something smells so good in this morning. Don't you think so?"
(今朝は何かいい匂いがします。そう思いませんか?)

今朝の勤務先に向かうエレベーターの中で初老の男性が
誰にというわけでなく突然、言った。
私は心の中で、「え?何?コーヒーの香りの事?」と思った。

同じエレベーターに乗っていた若い女性が答えた。
”Smells what?" (何の匂い?)
男性はこう答えた。
"Smells Happy!" (幸せの匂い!)
"Everyone, have a wonderful day!" (みんな、いい一日を!)
そう言って彼は途中の階で降りて行った。
残されたエレベーターの人の顔は、みんな笑顔だった。

ああ〜やっと金曜日。という淀んた雰囲気のエレベーターの人たちの顔が
彼の言葉で笑顔になった。
もちろん、眠くて疲れてぼんやりしていた私も
とてもいい気持になった。
そうだ、今日も頑張ろうって。

ことばの魔法をかけてもらった。とでもいうのだろうか。

アロマの勉強をしてアロマの事の香りや匂いには敏感なのに
幸せの匂いって・・・考えたこともなかった。

朝の空気にだんだん秋を感じる様になっていたけれど
秋の匂い、朝の匂いなんて感じる余裕がなかった位
気ぜわしかったここ数週間。
ブログをアップすることもできなかったしね。

当たり前の日常が本当は幸せだという事を彼の言葉で
気付かされた。

朝、いい香りのするコーヒーを飲む時も
幸せの匂いを感じながら飲むともっとおいしくなるかもしれない。

Something smells so good.

良い言葉だな。私は好き。

067.jpg









いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。