2015年01月31日

生姜を育ててみた

去年の夏の終わりにハワイ産のOrganicの生姜を冷蔵庫に入れずに放置していたら、なんと芽が出ていました。

そういえば、生前の祖母は生姜をリンゴが入っていたもみ殻に生姜を埋めて保存していたっけ。多分、常温で放置したら芽が出てしまうのを防止するためにもみ殻に埋めて保存していたのでしょうね。
私が子供の頃はリンゴは木箱にもみ殻のクッションに入れて産地から送ってもらっていたなあ。
なんて言っちゃうとお歳がバレちゃいますね。

折角、芽が出たのだからどうせならもっと芽が出ないかと思い水耕栽培してみたら楽しいくらい芽が出てきて更には根まで生えてきました。

DSCN2022.jpg


夏の終わりだから収穫は出来ないだろうと収穫を期待しないでプランターで育ててみました。
芽が出て半月ほどでこのくらいまで成長しました。

DSCN2143.jpg


生姜は日陰で湿った土が好きと聞いたので水やりだけは忘れずにでも半分放置。

朝晩の気温が下がる時期になって気付いたら生姜の葉っぱも半分黄色く枯れていました。
黄色く枯れたからもう育たないかなと思い、とりあえず抜いてみたら…

なんと新生姜が出来ていましたよ。

DSCN3484.jpg


土を落として洗ってみたらこんな感じ。
生姜の根がこんなにも太いとは知りませんでした。

DSCN3487.jpg


根を取り除くと種生姜(色が濃い方)と新生姜(色が薄い方)の違いが分かります。
見にくいかもしれませんが種生姜と新生姜、ちゃんとくっ付いています。

DSCN3488.jpg


生姜栽培、楽しいじゃないですか。
調べてみたら本当は春に植え付けて秋から冬にかけて収穫するようです。
今回収穫した小さめの生姜を種生姜にして春になったらもう一度育ててみよう。


いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

せっけん型だし

先週末に仕込んだせっけん、最低24時間保温して固めました。

いよいよ型から出します。
せっけん作りでこの作業は一番ワクワクする作業です。

型から出した柔らかいせっけんはまるで羊羹のよう。
柔らかいうちに切って形を整えます。

これはレッドパームオイルのせっけん。
まるでチェダーチーズのよう。

DSCN3470.jpg


そしていつもの濃い紫根せっけん。
型に入れたときは青い色だったのに一晩で紫色になりました。

DSCN3469.jpg


これらのせっけんを最低約1か月アルカリを抜くために熟成、乾燥させます。
紫根せっけんはだんだん色が薄くなって使える頃には薄い藤色に変色しますが、レッドパームオイルは少しだけ色が落ち着く位で殆ど色は変わりません。

DSCN3473.jpg


1か月後の出来上がりが楽しみです。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 16:33| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイドソープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

紫根せっけん

レッドパームオイルのせっけんの話題ばかりでしたが
同時進行でちゃんと人気の紫根せっけんも作りました。

前回作ったのは、なんと昨年の7月。
それ以来作っていなかったのですね。と、他人事のように。

紫根せっけんを気に入って使ってくださった方、こんなに長くお待たせして申し訳ないです。
今回も、濃い紫根オイルを使って紫根のエキスが沢山入ったものを作りましたよ。


濃い紫根オイルです。
既にココナッツオイルと、ホワイトパームオイルも溶かして混ざっているので少々泡立っています。

DSCN3460.jpg



アルカリを投入するときれいなルビー色がこんなに濃い藍色に変化します。

DSCN3461.jpg



ただひたすら、トレースが出るまで混ぜて、混ぜて。
トレースが出るとオイルがモッタリしたクリームのような状態になります。
色も混ぜているうちに濃い藍色が白っぽくなって空色に変色していきます。

DSCN3463.jpg



型に入れます。ルビー色のオイルから作ったとは思えない青い色のせっけんの素。

DSCN3465.jpg



レッドパームオイルせっけんと一緒に仲良く保温ケースに入れて24時間、保温させて固めます。

DSCN3467.jpg


型出しが楽しみです。



いつもありがとうございます。
ぽちっとしてくれるととてもうれしいです。
よろしくね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイドソープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

レッドパームオイルのせっけん

年明けにTrader Joe'sで見つけたレッドパームオイル。
新しい年になってからずっと探していたものが忘れたころに見つかるなんて今年は幸先がいいかも?なんてね。
嬉しくて調子にのっております。

DSCN3447.jpg


このレッドパームオイルを使ってせっけん作り。

レッドパームオイルはβカロテン、ビタミンE、そしてコエンザイムQ10が豊富に入っています。
因みにレッドパームオイル大さじ1杯対してにニンジン1本分のβカロテン、ほうれん草一束分のビタミンEが含まれているとか?!
こんな素晴らしいものを含んだせっけん、もちろんお肌に良いですよ。
荒れたお肌はもちろん、お年頃によるシミやくすみ肌、老化肌にお勧めの栄養素が沢山入っています。

レッドパームオイルは低温では凝固する性質があり、オイルと言うよりは油脂に近い。
という事は酸化しにくいオイルです。

そのオイルを温めて溶かしてみるとこんな色になります。
紫根のルビー色とはまた異なった濃厚なブロッドオレンジ色。

DSCN3454.jpg


でも、そんな濃厚なブロッドオレンジもアルカリを加えて混ぜて、トレースを出すとハロウィンみたいな可愛いらしいオレンジ色に変わります。

DSCN3455.jpg


今回は紫根せっけんも作る関係で、縦型ラウンドのモールドと小さめスクエアのモールドに入れてみました。

DSCN3456.jpg


さてさて、せっけんの神様どうぞいいせっけんが出来ますように。
お力をお貸しくださいませ。
良いせっけん、出来るといいなあ。



いつもありがとうございます。
ぽちっとしてくれるととてもうれしいです。
よろしくね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 16:17| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイドソープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

レッドパームオイル

ず〜っと探していた食用のレッドパームオイル。

せっけん用の物はネットのせっけん材料専門店で購入できるのに
どうして食用の物はないのかなと東南アジアの食材を売っている店や
どうやって食べたらいいのか解らないような怪しい食材を売っている店など
散々探しても見つからなかった。

アメリカではレッドパームオイルのせっけんは作れないなと
諦めて探すことも忘れていたら
なんと、Trader Joe'sの新商品コーナーに鎮座しているではないですか!
アメリカで会えるとは思わなかったから嬉しい。で、なんで固まっているかって?
そうそう、レッドパームオイルは低温では固まるのよね。
オイルと言うよりは油脂に近い。だから酸化しにくい。

見つけたとき、思わず「あ!!」っと控えめに叫んでしまいました。
でも心の中では「Yeah! あったよ〜。見つけたよ〜」とガッツポーズ!
と言いつつ、ほんとうは演歌歌手のようなこぶしを控えめに握っていたりして?

これが、長年会いたかった愛しのレッドパームオイル。
しかもOrganic!

DSCN3447.jpg


ふたを開けてみるとこんな感じ。

DSCN3448.jpg


さあ、これでカロチンやビタミンEが豊富な
荒れたり、シミやくすみ肌におすすめのレッドパームせっけんが作れます!



いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。





にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。
DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

オーブンを使って切り干し大根作り

冬…大根が一番おいしい時期になりました。
お手頃価格で美味しそうな大根を無計画に3本も買ってきてしまいました。

お天気が今一つ、スッキリとしないので切り干し大根を干すにもちょっと…躊躇。
カビ生えちゃうだろうなあ。

熱を加えて作るので栄養価的にはおそらく(熱に弱いビタミン類は特に)
天日干しよりは少なくなると思いますが
オーブンを使って切り干し大根を作ることにしました。

いつものように大根を千切りにして、オーブントレイに重ならないように
敷き詰めます。

DSCN3391.jpg


200℉(約94℃)に設定したオーブンに大根を入れます。
それ以上の温度設定だと大根が焦げてしまいます。

DSCN3393.jpg


時々、大根を上下ひっくり返したり、場所を変えたりしてまんべんなく乾燥するようにします。


1時間半経ちました。大根が少し乾燥してきました。

DSCN3407.jpg


2時間後。もう少し。

DSCN3394.jpg


3時間後。そろそろオーブンから出します。

DSCN3395.jpg


竹ざるなど、通気性の良い物に入れ替えて室内で丸1日時々かき混ぜて
全体が完全に乾燥するまで乾かして出来上がりです。

DSCN3446.jpg


竹ざるのような物がない場合は、オーブントレイに水分を吸収しやすくするために
ペーパータオルをひいてから大根を敷きつめ手も大丈夫ですよ。

天日干しより簡単でしょ。
寒くて家から出たくないときにお勧めです。オーブン余熱で暖かい作業です。


いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。




mytaste.jp



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。
DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

伊勢神宮日帰りの旅B


食事を済ませたらおかげ横丁を通っていよいよ内宮へ向かいます。
猿田彦神社から内宮までは徒歩で約15分くらい。

私が訪れた日は冬至。
冬至の日は朝日が大鳥居の真ん中から昇ります。残念ながら日の出の時間は新幹線の中だったので見ることはできませんでした。

大鳥居をくぐって宇治橋を渡り手水舎、五十鈴川御手洗場へ。
水が澄んでいてとてもきれい。

DSCN2987.jpg


御手洗場すぐの瀧祭神にお参りをして御正宮へ。

DSCN2997.jpg


御正宮をお参りをする時に毎回、不思議なことが起こります。
(と、思い込んでいます)
正面は御幌(みとばり)と呼ばれる白幕がありますが、毎回無風なのに
お参りを済ませて私が正面を向いた際、ふわっと上がります。
ふわっと全開するので正面が一瞬ですがはっきりとみることが出来ます。

しばらく様子を見てみましたがその後、一度も御幌が上がったのを見ることが出来ませんでした。
勝手に、神風が吹いて神様に歓迎されていると思いこんでいます。(ポジティブ思考)

これは荒祭宮に行く途中に鎮座する御稲御倉(みしねみくら)。

DSCN3006.jpg


御正宮をお参りしたら天照大御神の荒魂をお祀りしている荒祭宮でお参りをします。
遷宮によって場所が変わったので「踏まず石」の方へは行くことはできませんでした。

外宮の多賀宮、内宮の荒祭宮には鳥居がないのです。

DSCN3007.jpg


荒祭宮の後は風日祈宮(かぜひのみのみや)をお参りし、
最後に御饌殿で御饌の御祈祷をして頂きます。
受付で混んでいますよと言われたにもかかわらず、
運よく御祈祷をして頂く人が他にいなかったのでなんと貸し切り状態でした。

御祈祷をして頂くとお札と神饌を受け取ることが出来ます。

DSCN3029.jpg


本来ならこの後、子安神社と大山祇神社もお参りするところですが今回は時間の都合でお参りしないで別宮へ向かいます。

「衛視見張所」近くに12月下旬だというのに錦絵のようなきれいなもみじの紅葉を見ることが出来ました。

DSCN3015.jpg



境内から出た後は、再びおかげ横丁やおはらい町を散策してから再び路線バスに乗って別宮の「月讀宮」へ移動です。
この月讀宮は内宮からバスで約15分の場所にあるので内宮と比べると参拝客はまばらですが参道の林や佇まいが心落ち着きます。

DSCN3019.jpg


こちらには4つの別宮があります。ここにもお参りの順序が決まっています。
月讀荒御魂宮→月讀宮→伊佐奈岐宮→伊佐奈彌宮 の順です。

DSCN3023.jpg


最後に「倭姫宮」に行きたかったのですが、時間の都合と月讀宮から再びバスで10分移動する気力がなくなってしまったのでお参りを断念。
月讀宮から五十鈴川駅まで歩き帰途することにしました。

伊勢神宮の旅、御朱印と訪ねたお宮のお神札を頂きとっても満足。

外宮と外宮別宮のお神札

DSCN3026.jpg


内宮と内宮別宮のお神札

DSCN3028.jpg


伊勢のお土産は赤福じゃなくて「へんば餅」。
赤福は餡の中に餅がありますがへんば餅は焼いた餅の中に餡が入っています。美味しかった。

DSCN3024.jpg


日頃、南カリフォルニアで殆ど歩かない私がこの一日で何と25,000歩も歩いてしまいました。




いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。
posted by 迷子のこひつじ at 10:32| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

伊勢神宮日帰りの旅A

伊勢神宮日帰りの旅@の続き。

月夜見宮から伊勢市駅まで再び徒歩約10分。
伊勢市駅前から内宮行きの三重交通路線バスに乗って皇大神宮(内宮)へ向かいます。

途中、バスを猿田彦神社前で降りて内宮へ行く前に「猿田彦神社」に立ち寄ります。

DSCN2976.jpg


猿田彦神社は「みちひらき」の神社。
猿田昆古神は天孫降臨の際に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を高千穂に道案内や開拓をしたので物事の始まりや道しるべの神様と言われています。

DSCN2973.jpg


境内には「古殿地」と刻まれた「方位石」や「さざれ石」、宝船に似た「たから石」があります。

これは方位石。
自分の干支を触ったり、お願い事をする時に九星気学の三合に合った部分を触ると願いが叶うと言われています。

私は金運アップを願って…
金の三合である、未→酉→丑 を触ってきました。

DSCN2975.jpg


猿田彦神社のお参りを済ませた後は、おかげ横丁を通って徒歩約15分で内宮まで行きます。
お昼を過ぎるとお店が混むのでその前に食事をしてから内宮へ向かうことにしました。
朝一番から移動しいつも以上に歩いたのでお腹が空いてしまった…

食事はいつも行く「とうふや」さんで。

DSCN2985.jpg


豆腐懐石を頂きました。(これは一部です)

DSCN2982.jpg


このお店は食事しながら五十鈴川の風景を眺めることも出来て、干し柿が吊るされていたり、
風情のある佇まいが好きなんです。

DSCN2984.jpg


なかなか、皇大神宮(内宮)にたどり着かない私。

続きは次回…。





いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

伊勢神宮日帰りの旅@


日本の神様が大好きな私は帰国の際は必ず神社に行きます。
今回の帰国は神社ばかり行ってしまいました。
神社を語ると止まらない、いささかマニアックな私です。

その第一弾はやはり伊勢神宮。
毎年、お参りに行っていますが今回は日程の都合で日帰り弾丸スケジュール。

東京駅を午前6時に発車する始発の新幹線で名古屋に向かい、
名古屋から近鉄で伊勢市まで行きます。

伊勢神宮の正しいお参りの順番は
伊勢神宮外宮(豊受大神宮)→伊勢神宮外宮別宮→
伊勢神宮内宮(皇大神宮)→伊勢神宮内宮別宮
の順です。

伊勢市からは駅前通り(でも参道)を通って外宮まで徒歩約10分。
豊受大御神をお祀りしている豊受大神宮(伊勢神宮外宮)に到着。

一の鳥居をくぐります。

DSCN2927.jpg


今回、参拝して気づいたこと。

一昨年の夏に訪れたときは鳥居の前で一礼している人は殆どいなかったのに
一昨年の遷宮の式典や昨今のパワースポットブームの影響でしょうか
殆どの参拝者が鳥居の前で一礼してから鳥居をくぐっていました。

また、手水舎でお清めをする際の口を注ぐときに柄杓に直接口を付けていた人が多くみられ、
酷いものになると柄杓に口紅がべったり付いていたことがありました。
今回は柄杓を直接口に付けている人を一人も見ませんでした。

正しい作法とマナーが浸透してとても嬉しく思いました。


ここは一昨年の遷宮前まで御正殿があった場所です。19年後の遷宮にはこの場所に御正殿が移ります。

DSCN2929.jpg


御正殿です。豊受大御神がお祀りされています。
ちょっと脇から覗いてみます。

DSCN2945.jpg


こちらは正面。

DSCN2930.jpg


御正殿をお参りしたら豊受大神宮(外宮)敷地内の別宮にお参りします。
その途中にあるのが3種類の石。

これは「三ツ石」。しめ縄で囲まれています。
式年遷宮の際にお祓いをする場所です。

DSCN2937.jpg


次は石橋になってる「亀石」。亀に似ている形なので亀石。
古墳の入り口だったそうです。

以前は亀の頭に見える部分には木の柵はなかったのですが
いつの間にか木の柵が作られていました。
頭に木が刺さっているように見え(実際は木は石に触れていません)痛そうで可哀想。

DSCN2944.jpg


最後の石は多賀宮そばにある「地蔵石」。

別宮は多賀宮→土宮→風宮 の順にお参りします。

多賀宮は豊受大御神の「荒魂(あらみたま)」がお祀りされています。
神様にも荒々しい魂があるそうでその荒々しい魂を荒魂と言い
荒魂に対して平穏な魂を「和魂(にぎたま)」と言います。

DSCN2941.jpg


豊受大神宮(外宮)敷地内の別宮のお参りが終わったら外宮から「神路通り」をまっすぐ北に
徒歩約10分、月夜見宮に向かいます。

DSCN2955.jpg


天照大御神の弟神、「月夜見尊」がお祀りされています。
天照大御神が太陽の神様で月夜見尊は月の神様と言われています。

ご神木がとても立派できれいでした。

DSCN2959.jpg


次はいよいよ皇大神宮へ向かいます。
続きは次回。語ると止まらない。






いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

梅サワーの梅のリサイクル@

去年の初夏に作った梅サワーの梅。

梅サワー出来上がりはこちらを参照してね。
http://mimisclife.seesaa.net/article/406008311.html

最初は美味しく食べていたのですが、酢が強くて胃を痛めてしまいました。
梅サワーは薄めて飲みますがこの梅は薄めようにもお茶に入れるくらいしか
方法がなく、梅ジャムも飽きちゃったし…

いつかは食べなくちゃねと横目で見てたら年が明けてしまいました。

時間が経つほど酢の味が梅に浸みて酸っぱくなってる〜。
萎びて来てるし…

DSCN3384.jpg


さて、この梅。どうしよう。
と見つめていたら突然、アイデアが閃きました。

「なんちゃって梅干」になるかな?って。

これで成功したら私って凄い?なんてね。
まずはやってみないと分からない。思い立ったら早速行動。
夜なのに…

梅をガラス保存ビンに入れ、梅の総重量の10%の粗塩を一緒に入れます。
何故、10%の粗塩?根拠は全くなし。
なんとなく10%かなと思っただけです。

DSCN3388.jpg


そして次に使うのは去年作った赤紫蘇酢。
詳しくはこちらを見てね。http://mimisclife.seesaa.net/article/402253701.html

ガラス保存ビンに梅がヒタヒタになるまで注ぎます。
ついでに梅干みたいに赤紫蘇も入れてみました。

DSCN3389.jpg


さて、この状態で2週間程漬けてみてどうなっているのか
お楽しみ。
因みに赤紫蘇酢を味見をしてみたら「安い梅干」みたいな味でした。




いつもありがとうございます。
ポチッとお願いします。




mytaste.jp



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。
posted by 迷子のこひつじ at 16:32| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。