2015年03月29日

Kombucha (紅茶キノコ)を作ってみよう



ずらっと並んだ色とりどりのボトルたち。


IMG_0079.jpg


とあるスーパーの飲料コーナーの一部です。
これは全部 Kombucha と呼ばれる炭酸飲料。
Kombucha?「昆布茶」ではありませんよ。

日本で70年代に大流行した「紅茶キノコ」です。
歳がバレちゃいそうですが、幼少の頃に友達の家で作っていたのを覚えています。
私の実家では作っていなかったので「不思議な物があるんだな〜」と子供心に憧れていました。

そのKombuchaがアメリカらしく色々なフレーバーで味付けして
手軽に飲める健康飲料として流行しています。
これだけの種類があるという事を見ればどのくらい人気があるかお分かりになると思います。

その Kombucha Kit を先日発見してしまい、衝動買いしてしまいました。
子供の頃に見たあの怪しい茶色い液体に浮いているジェル状…
作ってみたくなっちゃって。

オレゴンで作っている物のようです。

DSCN3731.jpg


中に入っているのはフレーバー紅茶パックとKombuchaの菌?素と説明書。

DSCN3732.jpg


このキットは1ガロン(3.7ℓ)作るレシピになってるのですが
そんなに沢山必要ないと思いとりあえず半量で作ってみることにしました。

紅茶を煮出して砂糖を加えて完全に冷まします。
冷まさないと熱で菌が死滅してしまうようです。

DSCN3734.jpg


保存ビンに紅茶を入れて Kombucha の菌と液体を入れます。
これがキノコに似たゲル状の塊。
でもキノコではなく微生物や酵母などが入った物と説明書に書いてありました。

DSCN3737.jpg


液体も培養液なので入れます。

DSCN3740.jpg


発酵飲料なので密封したら呼吸が出来なくなるので蓋の代わりに薄手の布を被せます。
手ごろな布が見当たらなかったのでとりあえずハンカチで代用。

DSCN3743.jpg


説明書には置き場所についても細かく注意事項が記載されています。
埃っぽい場所や古い木製キャビネット、熟した果物や植物の近く、古い本、
エアコンの換気口の側などには置かないように。
カビが生える原因となります。だそうです。

これから数週間、カビも生えることなく発酵が進むといいな〜。




いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

干し椎茸で椎茸だし

我が家のだしはもちろん市販の物も使いますが
なるべく自家製を心掛けています。
と言っても鰹や昆布を海から取ってくることも(鰹を釣るのは上手いのだけどね…)
野菜だしの野菜作りも出来ないので
材料を買ってきてそこから先の加工しか出来ませんけれど。

昆布だしはこちら→http://mimisclife.seesaa.net/article/404258602.html
野菜だしはこちら→http://mimisclife.seesaa.net/article/408433919.html

今回は先日干した椎茸を使って椎茸だし作り。
と言ってもミルで粉砕するだけなのですが。

この干し椎茸を粉砕します。

DSCN3715.jpg


細引きの椎茸だし。

DSCN3720.jpg


粗挽きの椎茸だし。

DSCN3721.jpg


用途に応じて使い分けます。
だしパックに入れても良し、そのまま使っても良し。
塩分を含んでいないので塩分コントロールが出来るのが便利です。

DSCN3723.jpg




いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

干し椎茸作り

アメリカで干し椎茸はアジア系マーケットでたいがい入手できます。
でも、ほとんどの干し椎茸が中国産です。

ここ数年の食品偽装などで、加工食品に対して不信感を持ってしまった私。
どのような環境で作られたものかを知りたい。
でも干し椎茸加工場に行くわけにもいかず…

なるべく自分で作れるものは作るように心掛けています。
干し椎茸もその一つ。

比較的新鮮な米国産の生椎茸が売っていたので
まとめ買いして干し椎茸を作りました。

丸ごと干してもいいのですが私は使いやすいように半分に切ったものと
スライスしたものの2種類作ります。

笊にのせて室内で乾かすと言うよりは放置状態。

DSCN3705.jpg


スライス上もトレイの上にペーパータオルをひいて乾かします。

DSCN3706.jpg


時々、まんべんなく乾くようにひっくり返す以外は放置する事3〜4日。

笊いっぱいだった半分にカットした椎茸が乾燥してこんなに縮んでしまいました。
すっかり、カラカラに乾いています。

DSCN3717.jpg


スライスしたものも縮んでカラカラ。

DSCN3715.jpg


乾かすだけなのに自分で作るとちょっと嬉しい。
自己責任の干し椎茸です。




いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg



posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

酒粕せっけん

はちみつせっけんに続いて今回は酒粕せっけん作り。

酒粕せっけんは日本酒せっけんよりも日本酒の成分がせっけんに残るので私は好きです。
アルカリを入れてしまうと液体でアルコール分の日本酒の成分がだいぶ飛んでしまいますが
酒粕は個体なので成分が日本酒よりも飛びにくいのです。

DSCN3692.jpg


酒粕せっけんを作った日は3月だというのに南加りふぉるにはは連日真夏日。
気温は約33℃。東部は大雪で西部は干ばつと真夏のような暑さ。
本当に異常気象です。

これは材料の一つのココナッツオイル。
ココナッツオイルをせっけんタネに入れると泡立ちが良くなります。
ココナッツオイルの融点は24℃。室内の日差しが当たる場所に置いていたら
いつもは個体で白色なのに溶けてしまいました。

DSCN3694.jpg


せっけんタネのオイルにアルカリ液を流し込みます。

DSCN3695.jpg


これをトレースが出るまでひたすら混ぜます。

DSCN3697.jpg


黄金色のオイルが乳白色になり、サラサラからもったりして来たらトレースが出た目安です。

DSCN3698.jpg


トレースが出たら酒粕を入れます。
酒粕は予めクリーム状にしてせっけんタネに混ざりやすくしておきます。

DSCN3693.jpg


酒粕を入れた部分からせっけんタネが薄茶色に変色していきます。

DSCN3700.jpg


型に入れて、約1日保温箱で保温しながら固めます。
今はクリーム色ですが型から出すときは薄茶色になります。

DSCN3702.jpg


型出ししたらカットしてこれから約一月、アルカリ抜きの熟成乾燥をします。

DSCN3712.jpg


せっけんの神様、今回も良いせっけんになりますようにお願いします。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイドソープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

新生姜の甘酢漬け

1月下旬に収穫した新生姜。

風邪をひいたり税金書類をまとめたりしていたら存在をすっかり忘れてしまいました。
先月下旬に甘酢漬けにしてみました。

皮を薄くこそげ取って

DSCN3660.jpg


出来るだけ薄切りにします。
歪な形なので薄切りに苦戦しました。

DSCN3662.jpg


熱湯でさっと湯がいて水を切ります。

DSCN3672.jpg


あらかじめ作っておいた昆布だしと砂糖、お酢を合わせた
甘酢液をヒタヒタに入れて冷蔵庫で保存します。

DSCN3676.jpg


翌日から食べられますが味が良く浸み込むのは3日後以降。
収穫後すぐに作ればよかったのに半月ほど置いてしまったせいか
新生姜と言うよりはひね生姜のような感じになってしまいました。
でも、お味はしっかり「がり」です。

DSCN3689.jpg





いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

ワインボトルで水耕栽培

余ってしまったミントの枝を萎れないようにと
コップに入れて置いてたら数日で根が出てきました。

ミントって生命力が強いのよね。

DSCN3678.jpg


いつまでもコップ生活も可哀想なので
ちょっとオシャレに植え替えてみました。

ジャン!
どうでしょう?コップ生活よりはオシャレよね?

DSCN3683.jpg


これ、去年マイブームで作ったワインボトルのリサイクル作品の一つです。
一年くらい前にどこかで似たようなものを見かけて見よう見まねで作ったもの。

ワインボトルをカットして

DSCN2510.jpg


ちょっと手を加えたら出来上がり。
こんな構造になってます。
とってもシンプル。

水耕栽培なので土の代わりに
ハイドロボール(人口の軽石)を入れました。
吸水ポリマーのプランツボール?(正式名称が分かりません)を入れてたら可愛いかもね?

DSCN3681.jpg


アボカドの種もこんな感じで育てることが出来ます。

DSCN2518.jpg



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

バスタブクリーナー

私はお風呂掃除が一番苦手です。
特にバスタブの掃除が面倒で重労働。
何とか楽に掃除をしたいものです。

日本のお風呂のように洗い場と湯船が別になっていれば掃除がしやすいのに
バスタブ兼洗い場タイプはどうしても湯垢がバスタブにこびりつきます。

掃除をさぼるとこの状態。こんな状態になるまで見て見ぬふりをした私。

汚くてお恥ずかしいです。

DSCN3655.jpg


湯垢はカルシウム汚れと油汚れが一緒になっているので
ナチュラルクリーニングではお酢やクエン酸でカルシウム汚れを分解させてから
重曹で油汚れを落とさなくてはきれいに汚れが取れません。

二度手間になります。

2種類の汚れを何とか楽にに落とす方法はないかな。

本当はお酢と重曹を合わせたものが理想なのですが
お酢と重曹を合わせると化学反応でシュワシュワしてしまい保存がききません。
かと言って以前作った炭酸タブレットでは力不足。

思い切ってカルシウム汚れに強いお酢と
油汚れに強いディッシュソープの組み合わせで混ぜちゃおう〜と
バスタブクリーナーを作ってみました。

DSCN2811.jpg


この液体を汚れているところにスプレーしてしばらく放置してから
アクリルたわしで擦ります。

どうでしょう?
多少、陰影の影響もありますが、
向かって右がスプレーしていない部分。
左側がスプレーしてからアクリルたわしで擦った部分。

汚れも落ちたし、なんといっても曇っていたバスタブが
光っています。

DSCN3658.jpg


ゴシゴシ擦る事もなく汚れが簡単に落ちました。
無香料のディッシュソープを使えば精油を加えて好きな香りづけも出来ますし
なんと言っても強力洗剤のようなツンとした喉が痛くなるような臭いもしません。
ホワイトビネガーの臭いが多少するだけ。

安上がりで簡単に作れて確実に汚れが落ちてとてもいいバスクリーナーです。
シンクの水垢+せっけん汚れにも使えます。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナチュラルクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

紫根せっけん

今週はせっけん作りウイークです。

先日のはちみつせっけんに続いてリクエストがあったので
紫根せっけんも作りました。

DSCN3607.jpg


いつものようにルビー色の紫根インフューズドオイルにアルカリを混ぜ
トレースが出てから型入れ。

DSCN3608.jpg


24時間程、保温箱に入れて固めます。
固まったら力仕事の型だし。

均一にカットして約一月、熟成乾燥させてアルカリを抜きます。

DSCN3621.jpg


今回もいい色のせっけんになりそう。
一か月後の出来上がりが楽しみです。

さて、今月はもう一度せっけんを作らなくちゃ。
今度は酒粕入りの酒せっけん。

頑張って作ります。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイドソープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

はちみつせっけん

嬉しい事に「はちみつせっけんを作ってください」とのリクエストがあり
久しぶりに作りました。

前回はちみつせっけんを作ったのがなんと2013年の10月。
約1年半ほども作っていなかったなんて・・・・


せっけん作りには今、話題になっているココナッツオイルを使います。
ココナッツオイルを使うとせっけんの泡立ちが良くなります。

ところが、アメリカでもココナッツオイルはここのところ人気のようで
いつもは当たり前のように売っていたのに買に行ったらなんと在庫ゼロ!

店の人に聞いたらやはり人気があるので需要と供給が追い付かない上、
ロングビーチ港のストライキで輸入品が滞っていると言っていました。

多めに買っておいてよかった。

DSCN3598.jpg


いつものようにオイルとアルカリを混ぜ、トレースを出します。
トレースが出たら溶かしたはちみつを投入。

今回はさっくり混ぜて軽めのマーブル風にしてみます。

DSCN3601.jpg


型に入れて保温箱で約一日、寝かします。

DSCN3603.jpg


一日たったら型から出して固くならないうちにカットします。

型に流しいれた時は綺麗なクリーム色が固まるとはちみつ色に変わります。

はちみつせっけんはカットする際、香料も精油も入れていないのにはちみつならではの
柔らかな甘い香りが漂います。

DSCN3605.jpg


この状態で約一か月涼しく乾燥した場所でアルカリ抜きの為に熟成させます。

せっけんの神様、今回も良いせっけんが出来ますように。
よろしくお願いいたします。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイドソープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

金柑の種の化粧水が出来ました

先週仕込んだ「金柑の種の化粧水」。
1週間漬け込んで出来ました。

清酒がほんのり黄色くなっています。

DSCN3625.jpg


実はこれ、すごくとろみのある液体になっています。
柚子の種化粧水のようにトロトロ。
トロトロ感が写真で伝わるでしょうか?

DSCN3629.jpg


化粧水と言うよりどちらかといえばジェルです。


種を取り出すために茶こしで濾します。

DSCN3637.jpg


遮光ビンに入れて保存します。
保存料は入っていないので冷蔵庫保管。

DSCN3639.jpg


紫根の化粧水を使った後に金柑の種の化粧水(ジェル)を使ってみたら
私の乾燥肌がしっとりすべすべになりました。
焼酎やウォッカでも作れますが日本酒で作ったのが良かったみたいです。

日本酒は美白、保湿、殺菌作用がありますからね。
日本酒を作る際の米麹もアミノ酸が豊富で収れん引締め作用もあるし。
ただ、大量生産されている日本酒を使ったので厳密な成分は不明ですが。

種の量が少なかったのであまり多く作れなかったのが残念です。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれるととても嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 和・西洋ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。