2015年08月30日

赤梅酢を使って「しば漬け」つくり

梅干し作りの副産物の赤梅酢。
赤梅酢があれば紅ショウガや野菜の赤梅酢漬けを作ることができます。

今回は「しば漬け」を作りました。
本来、しば漬けは赤紫蘇を使って長期間漬け込んで乳酸発酵させて作るものですが、赤梅酢を使うと手軽に柴漬けが作れます。

<材料>
なす 4本
きゅうり 3本
みょうが 1個(本当はもっと入れたかったけど在庫がなく…)
生姜(1片を千切り)
塩(お好みですが私は野菜の総重量の3%の塩を使いました)
しょうゆ 大匙1/2
みりん 大匙1
赤梅酢 60ml

IMG_0643.jpg


食べやすいサイズに切った野菜と千切りにしたしょうが、塩を合わせます。

IMG_0648.jpg


ジップロックに入れて漬け込みます。

IMG_0650.jpg


我が家には卓上即席漬け器のような気の利いたものがないのでもっぱらこの方法。
大小のサイズの違うボウルを使います。
大きなボウルに漬けるものを入れ、落し蓋をして(お皿など)小さなボウルに水を入れて重ねて漬け込みます。野菜の水気を取るのが目的なのでかなりの圧をかけます。

IMG_0654.jpg


半日から1日ほど漬けたら野菜から水分が出ています。この水分は捨てます。

IMG_0656.jpg


水気をよくきってから赤梅酢と合わせます。

IMG_0661.jpg


しょうゆ、みりん、赤梅酢が全体によく回るように合わせます。

IMG_0662.jpg


再び漬け込みます。重さは少し軽めに。あまり重いと赤梅酢が野菜に染み込まなくなるからです。

IMG_0668.jpg


毎日、味を見ながら乳酸発酵が進んでお好みの味になるまで常温で漬け込みます。全体がむらなく赤くなるように時々、かき混ぜるときれいに染まりますよ。
私は塩分が程よくまろやかになってくる3日間ほど常温で漬け、その後は乳酸発酵が進まないように冷蔵庫で保存します。

市販のしば漬けよりは赤色が鮮やかではありませんが、天然由来の着色方法で保存料などの入っていないやさしい味わいです。

IMG_0680.jpg


ご飯に自家製梅干しと自家製柴漬け。そして手前味噌で作ったお味噌汁。
体に優しい美味しい素朴だけど贅沢な食事。
なんて幸せなんでしょう。





いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック