2015年11月29日

ベトナムコーヒー

時々無性に飲みたくなるベトナムアイスコーヒー。
濃いコーヒーにコンデンスミルクを入れるだけだと思っていたのでフレンチローストコーヒーにコンデンスミルクを入れて作ってみた。
でも苦すぎてあの味がどうしても再現できない。
なんでだろう?

これは本場の人に聞くしかないと思い、思い立ったら即行動。
家から車で30分ほどのところにある全米最大のベトナム人街、「Little Saigon」にあるたまにベトナム食品を買うベトナムスーパーでベトナムコーヒー用のコーヒーメーカーを買いついでに店員さんに色々と教えてもらいました。

これがベトナムコーヒーメーカー。
お値段$3.99とお手頃価格でステンレス製。

IMG_1168.jpg


ベトナムコーヒー用のコーヒー豆があると教えてもらいベトナムアイスコーヒーにおすすめの豆を購入。
...ってこれ、知ってる。
ニューオーリンズのコーヒー豆とチコリのブレンドコーヒー。

IMG_1170.jpg


ベトナムアイスコーヒーは普通のフレンチローストコーヒー豆ではなくチコリ(正確にはチコリの根を乾燥焙煎したもの)とコーヒー豆をブレンドしたものを使うのだそうです。
チコリコーヒーはディカフェ(カフェインが含まれない)のミネラル豊富なコーヒー代替品。でも、コーヒーの風味がとても良いもの。
チコリが入っているから濃く入れても苦みがそんなに感じないのですって。

コーヒー豆にチコリが混ざっているのがわかるでしょうか?

IMG_1172.jpg


コーヒーメーカーの使い方も教えてもらいコンデンスミルクも購入。
早速作ってみます。
コーヒー豆を入れて

IMG_1174.jpg


もう一つのフィルターをしっかり締めて、お湯を少し注いで30秒ほど豆を蒸らします。

IMG_1175.jpg


次に、先ほどセットしたフィルターを少し緩めてお湯を注ぎます。

IMG_1177.jpg


ちゃんとふたをして蒸らすといい香りがするのだそうです。

IMG_1178.jpg


すっごく濃い!真っ黒です。苦そう〜。

IMG_1180.jpg


コンデンスミルクと合わせて完成。

IMG_1227.jpg


あんなに濃い色のコーヒーなのにコンデンスミルクがなくても見た目ほど苦くないのはやはりチコリがブレンドされているからでしょうか。
やっと、自宅で本格的ベトナムコーヒーが作れるようになりました。
うれしい〜!
親切に教えてくれた店員さん、どうもありがとう。


いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック