2018年05月29日

Almond Clustersを作ってみた

カリフォルニア州外で買ったAlmond Clusters

IMG_2046.jpg



これが思っていた以上に美味しかったので我が家の近くで探してみましたが
どこにも売っていない。
色々調べているとどうやらこれはアメリカ東部でしか売っていない事が判明。
もっと買えばよかったと後悔。

でもこれって材料があれば作れるのでは?
早速、パッケージに記載されているIngredientsを確認。

IMG_2047.jpg


ナッツ以外にブラウンライスシロップ、海塩、砂糖、水と書いてある。
砂糖と水は使わずに見よう見まねで作れそう。

IMG_2037.jpg


ナッツ以外にドライチェリーも入れて、ブラウンライスシロップとメープルシロップで作ってみよう。
まずはボウルにナッツとドライチェリーを入れて軽く塩を振り
その中にブラウンライスシロップとメープルシロップを合わせます。

IMG_2040.jpg


ベイクシートをひいたベイクパンに薄く広げます。

IMG_2042.jpg


350℉のオーブンで約10分焼きます。

IMG_2045.jpg


焼き終えて、粗熱を取ります。

IMG_2157.jpg


粗熱が取れたら食べやすいサイズに割って完成。

IMG_2085.jpg


見よう見まねにしてはほぼ同じ味で再現できました。
美味しい〜。
おやつのレパートリーがまた一つ増えました。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg

posted by 迷子のこひつじ at 14:14| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

栗の渋皮煮

10月ももうすぐ終わりですね。
ここ、南カリフォルニアも秋の気配が漂ってきています。
日本のようにはいきませんがこちらでも秋の味覚のものが店頭に並んでいます。

私は栗だけは毎年かって栗の渋皮煮を作ります。

栗は鬼皮を渋皮を傷つけないように丁寧に剥ぎます。
栗を傷つけてしまうと、栗が煮崩れしてしまいます。

IMG_2264a.jpg


鬼皮を剥いだらたっぷりの水でごくごく弱火で煮ます。

IMG_2268.jpg


栗の灰汁がでてきます。

IMG_2271.jpg


灰汁がこんなに沢山でて、すごい色になってきました。

IMG_2272a.jpg


灰汁がでたら、茹でこぼしてまた水からごくごく弱火で煮ていきます。
この作業を灰汁が出なくなるまで、煮ても水が茶色くならなくなるまで何度も繰り返します。

最後に、味付け。
私はブラウンシュガーを使うので煮汁が茶色くなりました。
ここでも弱火で煮汁がトロリとするまで煮て味を絡めます。

IMG_2278.jpg


簡単な作業なのですが、時間がかかります。
時間をかけて丁寧に作った栗の渋皮煮はやはり絶品です。

IMG_2283.jpg





いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。



無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

デコレーションペーパー

アメリカ東部に一時期住んでいた頃にちょっとだけかじったキルティング。
その影響か、いまだに気に入った柄物の生地を見つけると使う目的もないのについつい買ってしまいます。

DSCN2425.jpg


この柄物の生地みたいなデコレーションペーパーがあったらいいのにと思って作ってみました。

DSCN2424.jpg


作ってみましたなんて偉そうに言ってしまいましたが、カラーコピーしただけです。
生地をコピーするのでどうしても端にしわが寄ってしまいますがきれいに取れた部分だけ使います。
ローズのバスソルトの包装に使ってみました。

DSCN2428.jpg


スクラップブックや手作りカードにも使えそう。
ただ、気になる問題が一つ。
生地のデザインをした人がこの柄の著作権のようなものを持っているはずなので使う場合はその点を気を付けた方がいいかも知れませんね。




いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

オレンジーピール

今年も友人宅のお庭で実った無農薬のオレンジをいただきました。

IMG_1066.jpg


無農薬の大きなきれいなオレンジ。
中身を食べるだけじゃ勿体ないと思い、去年はオレンジの皮をオレンジピールにしたらとっても美味しかったので今年も中身だけじゃなくきれいな皮も頂く事にします。

無農薬といっても汚れはつきもの。
炭酸タブレットを使って表面をしっかり洗います。

IMG_1067.jpg


よく洗ったらオレンジの皮の表面をナイフでこそげ取ります。
表面をこそげ取ることで苦みを取り除き、味が染み込みやすくするためです。

IMG_1086.jpg


皮を剥いて水から煮て沸騰したら茹でこぼします。
この作業を2回行います。

IMG_1093.jpg


茹でこぼし後、粗熱が取れたら内側の白い皮を丁寧に取り除きます。
ここで丁寧に取り除くと仕上がりがきれいになります。

IMG_1099.jpg


食べやすいサイズに切りそろえたら、砂糖で味付け。
味がしっかり染み込むまで煮込み、最後に水分を飛ばします。

IMG_1106.jpg


水分が取れたら網に乗せて半日から1日乾燥させます。

IMG_1123.jpg


乾燥させた後はグラニュー糖をまぶします。

IMG_1135.jpg


好みでダークチョコレートをコーティングしてオランジェットも作りました。

IMG_1138.jpg


毎年Thanksgiving前の恒例行事になりつつあるオレンジピールつくり。
無農薬のオレンジが手に入ったら作ってみませんか?
とっても美味しいですよ。


いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

しその実佃煮

9月からのバタバタ忙しい日々がなんとか落ち着いてきました。
ずっと放置していた梅干し用に育てた赤しそはいつの間にか葉の色が赤から赤緑色に変色し、しその実が沢山なっていました。

IMG_0957.jpg


去年は青しその実は塩漬けにしたので今年は佃煮にしてみました。
といっても家庭菜園なので大量には作れず、1−2食分位しか作れませんでしたが。

IMG_0960.jpg


しその実をよく洗って枝から外します。
砂糖、醤油、みりん、日本酒でつくった佃煮の味付けの調味料と一緒に鍋に入れて何となく火が通って味が絡まる程度に煮ます。

IMG_0962.jpg


出来上がったのはほんの少し。
でもしその風味とプチプチ感が美味しい佃煮ができました。

IMG_0965.jpg


残った煮汁はしその風味が移っていて美味しいかったのでこの煮汁にちりめんじゃこを入れてちりめんじゃこしそ風味佃煮も作ってしまいました。
これもまた、美味しいです。

IMG_0970.jpg

あー、ほかほかご飯と一緒に食べると美味しい〜。
ご飯の進む美味しい佃煮。馬肥ゆる秋がちょっと危険です。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

ホウ酸でアリ退治(Boric Acid Ant Killer)A

ホウ酸でアリ退治Aで作ったアリの餌を早速仕掛けます。
詳しくはこちら↓
http://mimisclife.seesaa.net/article/426057221.html

家の数か所でアリの姿を見かけたので見かけたところ全てに設置。
一番、アリの数が多かったところに設置したら、設置30分後はこんなことになってしまいました。
アリが〜!
アリの巣から応援部隊がやってきたのでしょう。

IMG_0806.jpg


これ、餌がなくなるまでずっとこのままで退治できなかったらどうしよう?
なんちゃって気分で作ったアリ退治の餌なので一抹の不安がよぎります。
一晩、様子を見てみて今後どうするか考えてみる事に。

翌日。
設置約15時間後。やっとアリの数が減ってきました。

IMG_0814.jpg


さらに設置約20時間後。
アリ餌のトレイの中やトレイの周りにいるアリは「変わり果てた姿」となって動きません。
アリの行列もなくなり、新たに侵入してくるアリはいない様子。

IMG_0816.jpg


その後、用心を重ねてアリ餌をさらにそのまま置いておきました。
設置後、24時間以上経ってもアリが戻ってくる様子もなくどうやら退治完了のようです。

なんちゃって気分で作ったアリ退治の餌。
成果があったようです。
アリに勝った〜!嬉しい。




いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

ホウ酸でアリ退治(Boric Acid Ant Killer)@

数日前から家のあちらこちらにアリの姿がチラホラ。
レモンで退治できるレベルではなさそうなすごく嫌な予感。

日本では考えられない事なのでしょうが、こちらでは住宅にアリが侵入して家じゅうアリだらけという事があるのです。
アリの姿がチラホラの数日後、気づいたらアリの行列が家の中にという過去も経験済み。
今までははちみつのフタに群がり、さらになぜか茄子に群がり。雑食性ゆえ、何に群がるのか予測不能。

以前、店頭でアリ退治の餌の成分が気になって商品パッケージを撮影したのを思い出し写真を見てみました。

IMG_0758.jpg


で、何から作られているかって?

IMG_0758a.jpg


ホウ砂とそのほかの成分となっています。
ホウ砂がメインでアリを引き寄せるためのそのほかの成分という事と勝手に判断。

以前、間違って買ってしまったホウ砂があったと思い出して探してみたら
ホウ砂じゃなくてホウ酸だった。
間違って買ってしまったので使い道に困っていたのにこれじゃダメじゃない。

気を取り直してよく考えようっと。

ホウ砂とホウ酸違いはナトリウムの有無とホウ砂から化合物を加えてホウ酸ができるじゃなかったっけ?
ダメもとでホウ酸でアリ退治の餌を夜なのにもかかわらず、早速作ってみます。

ホウ酸を使うのは決定。その他の成分が問題。
アリだからとりあえず砂糖かな?
あと、前にはちみつに群がっていたのを思い出したのではちみつ。
ホウ酸を溶かすためのお湯。
家庭で考えられる材料はそのくらい。多分、動物性たんぱく質の乾物を入れたらさらに効果があるかも。
でも餌が臭くなりそうなので却下。

IMG_0761.jpg


砂糖に、はちみつとホウ酸そしてお湯を入れます。

IMG_0763.jpg


ただ混ぜるだけ。多分これで出来上がり。
ダメもとで作っているから、まあいいかな。

IMG_0772.jpg


アリ餌を入れる使い捨ての気の利いた容器が見当たらないので
日本のお土産のお菓子のトレーを使うことにします。

IMG_0770.jpg


トレーを切り分けてアリ餌を入れて早速仕掛けますよ〜。

IMG_0777.jpg


この続きは次回。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

赤梅酢を使って「しば漬け」つくり

梅干し作りの副産物の赤梅酢。
赤梅酢があれば紅ショウガや野菜の赤梅酢漬けを作ることができます。

今回は「しば漬け」を作りました。
本来、しば漬けは赤紫蘇を使って長期間漬け込んで乳酸発酵させて作るものですが、赤梅酢を使うと手軽に柴漬けが作れます。

<材料>
なす 4本
きゅうり 3本
みょうが 1個(本当はもっと入れたかったけど在庫がなく…)
生姜(1片を千切り)
塩(お好みですが私は野菜の総重量の3%の塩を使いました)
しょうゆ 大匙1/2
みりん 大匙1
赤梅酢 60ml

IMG_0643.jpg


食べやすいサイズに切った野菜と千切りにしたしょうが、塩を合わせます。

IMG_0648.jpg


ジップロックに入れて漬け込みます。

IMG_0650.jpg


我が家には卓上即席漬け器のような気の利いたものがないのでもっぱらこの方法。
大小のサイズの違うボウルを使います。
大きなボウルに漬けるものを入れ、落し蓋をして(お皿など)小さなボウルに水を入れて重ねて漬け込みます。野菜の水気を取るのが目的なのでかなりの圧をかけます。

IMG_0654.jpg


半日から1日ほど漬けたら野菜から水分が出ています。この水分は捨てます。

IMG_0656.jpg


水気をよくきってから赤梅酢と合わせます。

IMG_0661.jpg


しょうゆ、みりん、赤梅酢が全体によく回るように合わせます。

IMG_0662.jpg


再び漬け込みます。重さは少し軽めに。あまり重いと赤梅酢が野菜に染み込まなくなるからです。

IMG_0668.jpg


毎日、味を見ながら乳酸発酵が進んでお好みの味になるまで常温で漬け込みます。全体がむらなく赤くなるように時々、かき混ぜるときれいに染まりますよ。
私は塩分が程よくまろやかになってくる3日間ほど常温で漬け、その後は乳酸発酵が進まないように冷蔵庫で保存します。

市販のしば漬けよりは赤色が鮮やかではありませんが、天然由来の着色方法で保存料などの入っていないやさしい味わいです。

IMG_0680.jpg


ご飯に自家製梅干しと自家製柴漬け。そして手前味噌で作ったお味噌汁。
体に優しい美味しい素朴だけど贅沢な食事。
なんて幸せなんでしょう。





いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

カリフォルニアで梅干し作り 梅仕事 梅干し出来ました

赤シソの発育が大幅に遅れたので梅干し作りも遅れ気味。
梅漬けに赤シソを入れて2週間ほど経ったので、いよいよ天日干しにします。

お日様の光をたくさん浴びて美味しくなってね。

IMG_0672.jpg


3日間、天日干しにしたら表面が乾いて塩がいい感じに吹いてきました。
(カビじゃないですよ)

IMG_0674.jpg


ついに梅干しが出来上がりました。
赤シソが全滅した時はどうなるかと思ったけど。よかったよかった。

IMG_0640.jpg


梅干しの副産物の赤梅酢と梅と一緒に漬けた赤シソ。カラカラに乾燥してます。
これは後日、赤シソふりかけになる予定。
赤梅酢があると柴漬けが作れます。

IMG_0689.jpg


出来上がり最初の一個はもちろん、白ごはんと一緒に頂く事にしました。

IMG_0679.jpg


最近の市販の梅干は減塩やはちみつ入りなど、甘かったり減塩対策で薬品臭がしたり。
子供のころに食べたちょっとすっぱ〜いでも美味しい梅干しが減ってしまったような気がするのは私だけでしょうか。
自分で作った梅干し。丁寧に時間をかけて作ったものは本当に美味しいです。



いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

カリフォルニアで梅干し作り 梅仕事 梅干し仕込みC

先月末に土用干しした白梅干し。
いい塩梅に出来上がりました。
塩分を最低限にしてみましたが市販の減塩梅干しと比べるとちょっと塩気が多いかな?
ということは減塩梅干しってどうして塩分控えめなのにカビが生えないの?
やはり保存料が入っているということでしょうか。

味噌つくりでも同じこと。
塩分を思い切り少なくして作ってみたらやはりカビだらけになりました。
塩分がカビを防いでいるということが味噌つくりでも梅干しつくりでもよく解りました。

自分で作った梅干しは見た目は不揃いでも最高においしいです。
不揃いなのが手作り感があっていいのよね。

IMG_0508.jpg


赤シソジュースも作ったし、いよいよ梅干し赤シソ漬け。

我が家で育てた赤シソは数に限りがあるので貴重な赤シソは大切に使いまわします。
そう、赤シソジュース作りで出たシソの葉をリサイクル。

赤シソジュースの残り物の赤シソ葉をホウロウのお鍋に入れて
梅漬けで出た白梅酢を加えます。

IMG_0555.jpg


火にかけて煮立ってきたら火を止めて完全に冷まします。
黄色がかっていた白梅酢が真っ赤な赤梅酢になりました。

IMG_0558.jpg


梅漬けに赤梅酢を加えて最後に赤シソでふたをします。
約1〜2週間ほど漬け込んで赤シソで着色します。

IMG_0563.jpg


着色できたら最後の仕上げの天日干し。土用干しに間に合わなかったけれど今月中に何とか出来上がるといいな〜。


いつもありがとうございます。
ポチっとしてくれると嬉しいです。
宜しくお願いします。


無断での写真、文章、レシピの引用、転載、特にバイラルメディアやキュレーションサイトへの引用、転載、出典と称した写真引用掲載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

DSCN3395.jpg
posted by 迷子のこひつじ at 00:00| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする